安否確認プレート

いつか来る災害に備えて安否確認プレートの導入を

安否確認プレート イメージ
安否確認プレート イメージ

大地震などの災害時にマンションのドアにマグネット製の安否確認シートを貼ることで救助者は一目でわかるので、避難活動や救助活動がスムーズに行うことができます。管理組合と住民の皆様で事前に取り決めを行っていただければ、一枚の安否確認プレートが救助活動にとって大きな役割を果たします。

お問い合わせはこちら

災害時、周囲に安否を伝えることが重要

安否確認プレート 安否を伝える
安否確認プレート 安否を伝える

阪神淡路大震災以降、「自助」「共助」「公助」が重要と言われています。


自助:自ら(家族も含む)の命は自らが守ること、または備えること
共助:近隣が互いに助け合って地域を守ること、または備えること
公助:区をはじめ警察・消防・ライフラインを支える各社による応急・復旧対策活動

マンションや自治会における助け合いはこの「共助」の部分であり、今後ますます必要となってくると思われます。マンションの理事会や自治会が中心になり、災害時には住民の安否を確認する方法を定め、防災訓練等でも安否確認の訓練を日頃から行っておくことが重要です。
この安否確認プレートは、「もしも」の時にドアの外に掲示することで管理組合、自治会、消防隊に被災状況を簡単に示すことができます。

安否確認プレートの特徴

安否確認プレート 特徴
安否確認プレート 特徴

両面のマグネットシートで状況を的確に伝えられる

マグネットシートを素材として使うことで、簡単のドアに貼り付けることができます。被災時の住人の状況を的確にわかりやすく伝えることができます。両面対応のマグネットシートなので、片面は「無事を知らせるもの」「避難したことを知らせるもの」そしてもう片面は「助けてください」「救助要請」といった形で、とっさの状況を的確に伝えることができます。

A4サイズで遠くからでも一目でわかる

従来の安否確認プレートだとサイズが小さいものが多く、災害時に遠くから一目で判断するには難しいサイズでした。本製品はA4サイズなので遠くから見ても明らかに状況がわかりますし、分かりやすいデザインを採用しています。

オリジナル制作も可能

安否状況を伝えるといっても、住んでいるマンションによって伝えたい内容は様々です。マンションや一軒家でも最初にどこに避難するかも違ってきます。弊社の安否確認プレートならオリジナルの内容で制作することができます。もちろんテンプレートから制作することも可能です。

安否確認プレートを制作してみる

1妹から安否確認プレートは作成が可能です。簡単にテンプレートからデザインの組み合わせで選んで作ることもできますし、一部内容をカスタマイズすることもできます。住んでいる場所に最適な安否確認プレートを作成しましょう。

テンプレートから簡単制作

サイズ:A4サイズ
販売価格:600円/枚(税抜き)片面/両面どちらも料金は一緒です。
※別途送料あり

作成までの手順:
①印刷タイプを片面か両面を選んでください。
②A〜Cのタイプからお好きなデザインを選んでください。
③指定のマンション管理組合名や自治会名をお知らせください。
④上記内容をお問い合わフォーム記載の上ご連絡ください。

安否確認プレート Aタイプ
安否確認プレート Aタイプ
安否確認プレート Bタイプ
安否確認プレート Bタイプ
安否確認プレート Cタイプ
安否確認プレート Cタイプ

オリジナルの内容を制作する

ご希望のデザイン、文言でレイアウトを制作します。


レイアウト料金:片面5,000円〜(税抜き)
プレート制作費用:600円/枚(税抜き)

まずはお問い合わせフォームからご相談ください。

お問い合わせはこちら

ご使用上の注意点

・印刷の仕様上、色抜けや印字かすれ等が発生する場合があります。
・本製品は扉の種類や結露発生等の条件により、扉への色移りが発生することがございます。
・本製品の保管は同封のビニールに必ず入れて扉に貼らずに保管してください。
・本製品を緊急時に使用する際は同封のビニールにいれたまま扉に貼り付けてください。
・本製品を同封のビニール袋に入れずに使用し、扉への色移りが発生した場合、弊社では一切の責任を負いかねますのであらかじめご了承ください。

お問い合わせはこちら